どれにする?婚約指輪の人気のデザイン4選

人気のある婚約指輪のデザインは?

プロポーズと同時に贈られる婚約指輪は、ダイヤモンドをあしらった煌びやかなものが多く、気分が上がるジュエリーですよね。しかし、贈る側の男性は指輪の知識がない人も多く、どれにしようか迷うものでしょう。そこで、婚約指輪で人気のあるデザインをご紹介しましょう。

婚約指輪の定番デザインのソリティア

ソリティアは、一粒ダイヤをあしらった婚約指輪の定番デザインで、不動の人気を誇ります。シンプルで飽きのこないデザインなので、年齢を問わず指示されています。ダイヤモンドを引き立てるデザインなので、品質の良いダイヤモンドを選ぶのが必須です。

華やかなデザインのメレ

メレはメインのダイヤの横に小粒のダイヤをあしらったデザインの婚約指輪で、ダイヤモンドの輝きが際立ち華やかな印象です。メレダイヤの数によって印象も変わるので、自由度の高いデザインが楽しめます。セミオーダーやフルオーダーで選ばれるデザインです。

アームにもダイヤを敷き詰めたデザインのパヴェ

パヴェは指輪のアーム部分にもダイヤモンドを敷き詰めたゴージャスなデザインで、きらきらとした輝きが存在感を放つ結婚指輪です。婚約指輪だからこそ、奮発してパヴェにする人も多いようです。派手なジュエリーが好きな女性に贈ると喜ばれるでしょう。

ダイヤをぐるりと埋め込んだデザインのエタニティ

日本語で永遠という意味を持つエタニティは、名前からして婚約指輪にピッタリです。同じ大きさのダイヤをぐるりと指輪に埋め込んだデザインで、結婚指輪と重ね付けするにも相性が抜群です。メインダイヤのないぶんシンプルなデザインですが、ダイヤの輝きがエレガントさを演出します。

婚約指輪は、結婚の約束をする際に男性から女性に贈られる指輪で、通常ダイヤモンドなどの石付きの指輪が選ばれます。古代ローマ時代に端を発するという慣習ですが、日本では昭和30年代ごろに一般的になりました。