ローソファーってどんなもの?上手に部屋に馴染ませよう

どんなソファーなんだろう?

部屋に置きたい人気のアイテムの一つにソファーがあります。置いてみたいと憧れてはいても、ある程度スペースがないと部屋が窮屈なものになってしまいます。一般的なのは2~3人向けの足があるものですが、最近はローソファーも可愛らしい雰囲気で徐々に注目を集めています。その名の通り背が低いソファーで、足がついていないものも多くそのまま床に置けます。高さがない分開放感が出て圧迫感とは無縁ですし、大き目のものを使ってもそれほど邪魔には感じられず、上手く使えば寝転んだりすることもできるので活用の幅も広がります。カーペットやラグマットなどと組み合わせれば雰囲気も簡単に変えられるので、部屋の模様替えなども気軽に楽しめます。

どうやって選んだらいいの?

背が低いソファーと言ってもイメージが湧かない方もいるかもしれませんが、お店に行って実物を見てみるとかなり低くて逆に驚いてしまうかもしれません。赤ちゃんや小さな子供が落ちるというような危険性も減りますし、ペットを飼っている方が足に引っ掛けたり下にもぐりこんで出てこないというような事もなくなるので、とても快適なリラックス空間を作れるのが魅力です。寒い冬にはコタツとも組み合わせれば最強のあったかスペースの出来上がりと、ローソファーは大活躍してくれます。形もまっすぐなものから、コーナーに合わせられるようなものなどたくさんあるので、リビングや和室など合わせたい場所にすっと溶け込んでいけるようなものを探しましょう。

ローソファーとは、脚のないソファーのことを指します。ソファー自体の背が低く圧迫感がないため、一人暮らしの狭い部屋にも人気であるほか、子どもがくつろぐ場所としてファミリー世帯にも親しまれています。