結婚式の前撮りは必要?前撮りをしておくメリットとは?

当日は結婚式に集中できる!

前撮りとは事前に写真撮影を済ませておくことですが、前撮りをしておくと結婚式当日はスケジュールに余裕を持つことができるので、結婚式に集中できます。結婚式当日というのは、衣装の着付けやヘアセット、リハーサル、参列者への挨拶など、新郎新婦にとって大変忙しい日です。前撮りをしておくことで、その分の時間を他の準備をする時間に充てることができるでしょう。また、写真撮影はお色直しの中座の際に行われることがあります。前撮りをしておくと中座の時間が短く済むので、その分参列者と会話を交わせるかもしれません。さらに、結婚式では参列者からお酒を注いでもらって、ついつい飲み過ぎてしまう新郎新婦も多いですが、そんなときにも前撮りをしておくと安心です。一生に一度の結婚式の写真が真っ赤な顔…なんてことにならずに済みますね。

ロケーションフォトで最高の写真を残せる!

前撮りは時間に余裕があるので、納得のいく写真を撮影することができます。愛するペットと一緒の写真や、2人のお気に入りの場所でのロケーションフォトなど、新郎新婦の希望が叶うでしょう。中でもロケーションフォトは、スタジオでの写真撮影に比べて新郎新婦の自然な表情を引き出し、より素敵な写真に仕上がるので人気があります。最高の写真が撮れたら、ウェルカムボードなどのウェディングアイテムとして使うのも良いかもしれません。当日は洋装のみだけど和装も見てもらいたい!という場合にも、前撮りの写真をウェルカムボードにしておけば、参列者に見てもらうことができますね。

前撮りをする事で、時間に縛られず落ち着いた気持ちで写真を撮ることが可能です。メイク崩れの心配もありません。