単身赴任が決まった際に疑問に思う人が多い事柄とその回答

家具・家電はどうすればいいか?

全国各地には、大都市だけでなく中小都市内にもマンスリーマンションが存在しています。そういった建物というものはグレードによって程度の違いはあるものの、家具や家電があらかじめついています。そのため、単身赴任をする場合は短期間の一人暮らしのために家具・家電を買い揃えるのではなく、家具・家電付きのマンスリーマンションに住むのがおすすめです。ちなみに、マンスリーマンションとはホテルに泊まる時と同様に水道・電気等の新規契約は必要ありません。

住民票はどうしたらいいのか?

単身赴任をする際に、住民票を移すか移さないかという点も悩みどころだと言われます。法律の観点から分析すると移さなくても移してもいいというような事がいえますが、赴任期間が半年から1年程度なら特に移す必然性はありません。しかし、赴任期間が2年・3年になる場合は、移さないと色々と不自由な事が発生してくる傾向のため、移す形をとったほうが何かと便利です。

どんな物件に住んだらよいか?

駅から離れた物件とは、家賃が安い傾向ながら歩くとかなりの時間がかかりますし、タクシーを利用したら交通費が跳ね上がります。しかし、駅のそばに住んだ場合、特に新幹線停車駅であれば頻繁に自宅に帰る事ができますので少しくらい家賃(部屋利用料)が高くても駅近物件がおすすめです。

家族とはどうコミュニケーションをとったらよいのか

昭和時代のサラリーマンは、単身赴任中になかなか家族とコミュニケーションがとれずに寂しい思いをした人が多いといわれます。しかし、今では携帯電話やPCを利用し、有料ではなく無料で電話(音声)やTV電話ができる時代ですので、コミュニケーション面の心配はいりません。

単身赴任の家具は短期間での利用な上に、転居する際の処分に手間とコストが掛かります。賢い人なら、処分の手間のかからないレンタルで済ませてしまいましよう。