せっかくの結婚式!花嫁衣装をたくさん着てみたくなった時に

ドレスを着たくなった時には

教会式を選んでウエディングドレスを着た花嫁も、お色直しでは白無垢や色打掛を着用する人がいます。和風ウエディングでも同じように、挙式は白無垢で披露宴はウエディングドレスやカラードレスといったように、和装も洋装も両方とも着ても構わないんですよ。神社や式場内の神殿などで挙式をするからと言って、ウエディングドレスを着ることを諦める必要はないんですね。少しでもドレスをキレイに着こなせるように、ブライダルエステの予約をしておくのもおすすめ。

お色直し用の衣装ってどう決めたらいいの?

2着目のお色直しの為の衣装として白無垢や、ウエディングドレスを選ぶ場合も、これらを1着目の挙式用の衣装として選ぶ場合も、同じような基準で決めていっても構いません。不安な時には、結婚式場の担当者やスタイリストに意見を求めてみましょう。自分の身長や体形の欠点をカバーしてくれて、スタイルを良く見せてくれるデザインはどんなものか、現在流行のドレスはどのようなタイプかなど、ブライダル業界で働くプロならではの助言をしてくれますよ。

少し難しいのは、デザインも色のバリエーションも豊富なカラードレスではないでしょうか。プリント柄も登場していますし、ウエディングドレスよりも自由度が高いので、花嫁のセンスが問われますよね。カタログを見て単純に華やかなドレスを選べばいいというわけではなく、会場の装花や照明などのバランスも考えないと、式場の雰囲気とマッチしないので、どこかちぐはぐに見えてしまうからです。屋外の場合は、自然光が照明代わりという点も考えて下さいね。

歴史の舞台にもなった伝統ある鶴岡八幡宮で結婚式を行うと夫婦円満のご利益があると言われています。素晴らしいロケーションは結婚式を盛り上げてます。